【職  種】 炊飯業務

【仕事内容】
鶏めし弁当の主役「味付けご飯」の炊飯に従事していただきます。
朝一番早いのはパン屋のおじさん♪という歌がありましたが、実は花善の【炊飯部】のほうが早いのではと思っています。
早朝(夜中)からの出勤・20キロを超える釜の持ち運び・冬場の水仕事など大変なハードワークです。炊き上げたご飯の香りに包まれながら次の炊き上げのために釜を束子でゴシゴシゴシゴシ…地味で過酷な仕事ではありますが、70年以上愛され続ける「鶏めし」の味を守り続けるというやりがいはとても大きく、職業人として誇りをもって取り組める、花善の「花形」でもあります。
守るべき約束事は、社長曰く「これ以上美味しくしないで!!」=詰まるところ「味を変えない」ということ。お客様の記憶に残る味を守り続けることが、我々の大事な使命なのです。

【待  遇】 社保付きパート

【応募資格】 年齢不問・学歴不問・免許不問・経験不問

【給  与】 時給1100~1300円
※月給見込み 204,600~241,800円
(月24日出勤の例)

【賞  与】 年3回 ※前年実績

【勤務時間】 3:00~11:00 ※休憩時間45分

【休 日 等】 月6回 ※シフト制

【そ の 他】 雇用保険・健康保険・厚生年金・労災保険の適用あり

まだ夜も明けきらぬ早朝(というか深夜)、時には星が輝くなか、酔っぱらいを横目に出勤するなど、社内で一番早く出勤する部門です。
戦後まもなく誕生し、70年以上愛されている伝統の味を守り受け継いでいくことは重責です。鶏めし弁当の生命ともいえるご飯の炊きあがりには神経を使います。同じ品種のコメを使っているのに、産地や気温・湿度の変化によって炊き上がりが微妙に異なり、それを長年の経験と勘で微妙に水加減を調整するなど、他部門にはない職人的な感覚です。
夏は天国と思える水も冬は地獄のような冷たさですし、一釜20kgを超える釜の出し入れは多い日には100回を超えることもあり、正直言って体力勝負の部署ですが、思い通りの炊き上がりや仕事終わりの達成感は何とも言えないものです。余談ではありますが、朝早く出勤したぶん昼過ぎには退社します。昼から飲むビールは格別な味ですよ!!