掛け紙ギャラリー鶏めし株式会社花善 電話0186-43-0870 メール
ホーム > 掛け紙ギャラリー
時代が昭和から平成に変り、駅弁を取り巻く環境も少しづつ変化してきています。
国鉄がJRへと変り、消費税、食品衛生法や容器包装リサイクル法による表記追加、バーコード、ホームページアドレスの追加など正に時代を映しています。


※3 の掛け紙は、横浜市在住 岡部 量様から資料提供いただきました。ありがとうございました。

▲ 平成4年頃〜

JR東日本『その先の日本へ』キャンーンのロゴ入り。現在のものと殆ど同じデザインだが、特色インキ(金色)が使用されている。

▲ 平成2年〜3年頃

駅弁以外の鶏めしに使用された掛け紙。

▲ 平成5年〜9年頃

金赤に金インキを使用。この時期はデザインが安定している。※3

▲ 平成5年〜9年頃

平成4年頃使用のものと同じデザインだが、地のピンク色が特色を使用している。※3

▲ 平成元年〜4年頃

商品名を大きくあしらったデザイン。JR東日本の『LOOK EAST』キャンペーンのロゴが見える。※3

▲ 昭和60年〜平成9年頃

JR東日本『東北大陸から』キャンペーンロゴ入り。意匠は案山子(かかし)。

▲ 平成13年〜

駅弁以外で使用される掛け紙だが、「駅弁」マークが入っている。

▲現在の掛け紙(平成4年〜)

国鉄〜JRとその時々のキャンペーンのロゴが印刷される。現在はJR東日本の『東北大陸から』。意匠は東北らしいこけしと稲穂の束。

▲ 平成15年

9月20日〜10月31日までの期間限定商品「昔の鶏めし」のラベルで、昭和15年頃の掛け紙をアレンジ。お弁当も樽鶏めしを彷佛させる2段重ねの豪華版で、JR東日本の「大人の休日」キャンペーンに連動した企画。

▲平成21年

大館の早春の風物詩「アメッコ市」で限定発売した「復刻版・鶏めし」のラベル。出汁巻卵など懐かしいレシピが期間限定で復刻。

▲▲平成19年

秋田国体開催を記念して「大館」にとことんこだわった特別企画「曲げわっぱ 黒 鶏めし」。本物の曲げわっぱ容器に、黒鉱をイメージした黒い鶏めしが入っていた。

▲平成20年

秋田県北地方の美味しさを凝縮した特別企画弁当「マタギな鶏めし」。ワイルドで重厚な特注の秋田杉の弁当箱(箸付き)に、熊肉、山菜などが入り、常識破りと話題騒然になった逸品。

当社では残念ながら古い掛紙を保存しておらず、写真等も残っていません。実物または写真(デジタルデータでも結構です)をお持ちの方はお借しください。薄謝を進呈致します。


前のページへ 次のページへ

ページの先頭へ戻る

© HANAZEN